Imari Tones “Must Be….”

どうして曲を公開しているのかは、
こちらを参照。
The reason why we release songs here, please read this.

https://imaritones.net/2009/11/20/blog-pos-6/

ラブレター2つめです。
This is the 2nd “Love Letter”.

早速、癒し系です。
This is a gentle song.

伊万里音色(Imari Tones)が、バンドとして旬だった時代がありまして、
それは、2004年から2005年にかけての、
Tone、はらっち、みねっちの3人でやっていたときです。
黄金トライアングル時代と勝手に呼んでます。
There was a time when Imari Tones was at its best.
That was 2004-2005 era, when Tone, Haratti, and Minetti were together in the band.
I call it “The golden triangle era”.

もちろん、今、はっしー&ジェイクとともに、このバンドは二度目の旬を迎えつつあるわけですが、
Off course, now Imari Tones is coming to its second golden time with Hassy&Jake.

それまで、このバンドを形にしようと、準備をしてきて、
やっと形になったのが、この時期で、
伊万里音色の、自分たちで歩いてきた歴史の中でも、
このときがいちばん、日本の普通のバンドらしい時期だったんじゃないかと思います。
However, it was the time the band started to take its form, and it was the time when Imari Tones sounded like a Japanese band most.

この時期の代表曲はいろいろあります。
日本のロックらしい情感を伴った「丘上烈風」であるとか、
切れ味のある「虚数少年2」、
今でも演奏している「Winning Song」のオリジナルバージョン(ギターソロがもっと簡単なバージョンだった)が生まれたのもこの時期です。
There are many songs which represent this era.
“Kyu-Jo-Reppoo” which has Japanese emotinal melody, “The Imaginary Number Boy 2” which has a sharp edge, and also the original version of “Winning Song” (more simple guitar solo) was born in this era.

ハードロックというよりは、
パンク要素やポップの要素がごたまぜになった、ミクスチャー状態でしたが、
要は王道のポップバンドだったと思います。
It was a kind of mixture state of punk, rock and pop, rather than metal or hardrock. In a simple word, it was a “Japanese Pop Band”.

この「Must Be….」という曲は、
作曲自体は、1998年に作られたものです。
バラードではないですが、きれいなメロディのポップソングで、
この曲を書いたとき、ちょっと僕は精神的に辛かったり、先が見えない状態にありました。
This song “Must Be….” was actually written in 1998.
It was not a ballad in exact meaning, but it has a beautiful melody.
I was having a hard time of my life when I wrote this song. And my mind was in a darkness.

そんな中でも、生きていることに感謝をしよう、という気持ちでつむぎだしたメロディであると思います。
In that dark time, I tried to thank God and be grateful to life. That’s what this song is all about.

この曲は、ストリングスというのか、キーボードのアレンジが、ポイントになっています。
One of the key points of this song is a strings sound.

ライヴでも演奏していましたが、その際は、キーボードはなし、あるいは、一度、うちの妹に、キーボードを弾いてもらって演奏したこともありました。
When playing live, we play it without a keyboard, or sometimes my little sister joined as a keyboard player. Or sometimes with a sequencer.

ヴァース部分の、ピチカートの音と一緒に鳴っているストリングスのメロディが、とても気に入っています。
I personally like the melody of the strings in the verse part, with the pizzicato sound.

それから、間奏、ギターソロの部分が、とても美しいサウンドになり、とても気に入っています。その部分も、ストリングスのアレンジがいい感じだと思うのですが、ミックスの関係で細かい部分があまり聞こえません(笑)
Strings sound in the interlude is also beautiful. I personally like that part but actually most of them are buried in the mix.(omg)

この時期に書いた曲の中では、これも代表曲のひとつである、”Good Bye, My Sunshine Town”と同じくらい、きれいなギターソロというか間奏部分なんではないかと思います。
ギターソロもごくごくシンプルなものですが、この部分に、僕の命の音がすべて鳴っていると思います。
これが僕の祈りであり、祈るギターソロです。
It is as good as “Good Bye, My Sunshine Town”, which was written in the same era and also has a beautiful guitar solo part. Guitar solo itself is very simple, but this is my “sound of life” there.

日本語でこういう歌ものを書くと、歌詞の問題でどうしても尺が長くなってしまい、曲も5分超で、ちょと長いのですが、ぜひ聞いてみて欲しいです。
Bad thing is, when I write pop songs like this in Japanese, due to the language and lyrics, it tends to be lengthy. It’s over 5 minutes. But I hope you like it.

歌詞です。
クリスチャンになった今となっては、
よくあるパターンとして、
「君」を、神様、と読み替えることも、できるかもしれません。
And here is the lyrics.
Since now I am a Chrisitian, maybe you can think “You” as “God”.

僕はクリスチャンになったのはごくごく最近ですが、
ずっと前に書いた、この曲のサウンドは、
クリスチャンになる前からも、神様がずっとそばにいてくれたという、
ひとつの証明の音だよね、と、自負しています。
Though it was just a few years ago I became a Christian, I think the sound of this song proves that God had been always with me even before I became a Christian.

“Must Be….”

Ah 二度とない時を 迷いながら 歩き続け
こんなにも君は 僕のことを 愛してくれた
Ah 覚えてるよ 君とすごしたあの日の景色
なつかしい匂い そして僕は溶けていく

I kept walking in this time and life making mistakes
But you have loved me so much
I remember all the things I saw when I spent time with you
The scent that brings back my memory, and I begin to lose my mind

Must Be All Right
日が沈むよ 回っていくよ この僕の上で
続いていくよ とりとめもない 新しい日々が
Must Be All Right

Must be all right
The sun goes down, the world goes around upon me
The life goes on
The new days which are full of joy and sorrow
Must be all right

Ah いやせない傷を かかえながら 歩き続け
流れた血は色褪せはしない 記憶の中で
Ah それでも人は歩いていく それぞれの愛を抱いて
大事じゃない ものなんてない 忘れないでいよう

People keep walking with the wounds that don’t heal
And the blood shed never fade away with our memories
People still move on holding Love in their arms
Please don’t forget there is nothing meaningless

Must Be All Right
問い掛けるよ この胸の奥 愛しい昨日よ
流れる時も すべては一つさ カコもミライも
ふりあおぐよ かがやく星を ちっぽけな僕を
よかったのだろう すべてこれで 愛しい明日よ
Must Be All Right

Must be all right
I keep asking in my mind, memories of yesterday
Time is passing but everything is one, even future and the past
I look up at the stars shining and think of myself so tiny in this world
Everything is all right after all, I can embrace tomorrow
Must be all right

この曲は、はらっち、みねっち、と共に作った”光のヒーロー”という作品に入っています。
This song is included in the album called “Hero Of The Lights” which was recorded by Tone, Haratti, and Minetti.

日本だとMonstar.fm
In Japan, you can buy it at Monstarfm.
http://monstar.fm/imaritones

海外だとiTunes Storeにて、
Outside Japan, you can buy it on iTunes Store.
http://click.linksynergy.com/fs-bin/stat?id=jie87qJhiN0&offerid=78941&type=3&subid=0&tmpid=1826&RD_PARM1=http%253A%252F%252Fphobos.apple.com%252FWebObjects%252FMZStore.woa%252Fwa%252FviewAlbum%253Fid%253D287100994%2526s%253D143441%2526partnerId%253D30

ほそぼそと販売しております。
Yes we are selling it!

God bless,
Tak “Tone” Nakamine

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.