戦争はすでに始まっていた: Short version

[short ver.] [Long versionはウェブサイトの”Toneの日記”の中にあります] 気が付けば、もう戦争は始まっていた。 気が付けば、革命はもう始まっていた。 僕らは革命のまっただなかにいる。 いくら世の中が、世界情勢が複雑に見えても、 本当に大事なことは、ひとつだけです。 戦争とは、国家権力の命令で、人が人を殺すこと。 戦争とは、国家、組織、政府、宗教、 それらの命令で、人が人に危害を加えること。 国家権力が、君に、人を殺せと命令するとき、 君はそれにYesというか、Noというか。 国家が、国家の名で人を殺すことに対して、 君は、Yesというのか、Noというのか。 それだけです。 そして、僕が思い描く革命というのも、 そういうものなのです。 これは、新しいことでも 画期的なことでもなく、 たぶん、みんな同じことを 考えているはず。 国家権力が、人を殺せと命令するとき、 それに誰も従わないのであれば、 戦争は起きない。 そして、それは、信じるということです。 そして、それは、覚悟を選び取ること。 相手を殺すくらいだったら、 抵抗せずに自分が死ぬことを選ぶ。 もし、戦場で、ふたつの軍の、兵士が、戦車が、戦闘機が、 対峙したとき。 どちらの軍の兵士も、引き金を引かなかったとしたら。 どちらの軍の兵士も、引き金を引くことを拒否したとしたら。 そこに戦争は起きない。 これこそが本当の勝利です。 国家や、権力や、不完全なシステムに対する、 個人と、人間性の勝利です。 信じることの反対は、 疑うこと。 そして、疑うことは、 怯えること。 人を見たら泥棒と思えという世界。 そうした世界に生きる人は臆病です。 人の歴史は、血で血を洗う、 争いと、裏切りと、殺し合いの歴史。 弱肉強食の世界。 でも、俺は、 そんな世界には生きていたくない。 そして、 …