Born To Ride スケートボードビデオ

Imari Tones (伊万里音色)の楽曲、”Born To Ride”のミュージックビデオが完成しました。 先日、YouTubeにアップしました。 今までも僕らが作ってきたような「手作りミュージックビデオ」なのですが、 今回の”Born To Ride”は、ちょっと特別です。 たぶん、なんというか「労力」から言うと、今まで作ったビデオの中でもかなりかかっている方ではないかと思います。 そういえば今からちょうど一年くらい前に、僕らのバンドの代表曲である”Faith Rider”のビデオを公開したのでした。 それは、「ロードエンジェルス神奈川支部」の皆さんのご協力を得て、 1月の雪がちらつく寒い日にバイクの撮影を行ったものですが、 バイクの映像と僕らのクリスチャンヘヴィメタルが融合した、 素晴らしいビデオを作ることができました。 ありがたいことです。 それから早くも一年。 この”Born To Ride”は、”Faith Rider”に続く、ライヴで使い勝手のいいヘヴィメタルアンセムとして書いた曲ですが。まあ、今までのImari Tonesのレパートリーの中ではもっともThrash Metalに近づいた楽曲でもありますが。 今回も気合いの入ったヘヴィメタルな楽曲と、苦労して作ったビデオ!です! そもそもの始まりは2012年に遡ります。 2012年の9月、アメリカで長く続いているクリスチャンミュージックとエクストリームスポーツの伝道ツアーである”The Extreme Tour”に日本のバンドとして初めて参加していた僕たちは、スケートパークでの演奏やイベントを何度か経験しました。 そして実際のところ、「スケートパーク」という場所自体が、僕には初めての体験でした。(日本にも、スケートパーク、と呼ばれる場所が、それほど多くはないけれど、あるのを、今では僕も知っています。) そして、ほとんど人生において初めて(そりゃ、少しくらいは見たことはありましたけれど)、スケートボードというものを、目の前でキッズたちがスケートする様子を、僕は目の当たりにしたのでした。 そしてそのツアーに参加した日程の終盤、モンタナ州のとあるスケートパークのイベントの際に、僕は決意します。「よし、日本に帰ったら、僕もスケートボードを始めるぞ!」と。 かなり、いかにもあっさりと決意します(笑) そして、2012年10月、僕は手探りで、スケートボードを始めたのでした。 まあ、そうはいっても、インターネットでいろんな情報が手に入る今の時代。 たった一人で始める、とはいっても、それほど情報とかHow Toには苦労せず。 そしてそのスケートボードというものをきっかけに広がった新しい世界は、音楽的にも僕にとって新しい扉を開いてくれたのでした。 そしてその頃まもなく、僕はこの”Born To Ride”という曲を書きます。 (ちなみに白楽の駅のホームに立っている時に思いついた曲なので、最初のデモのワーキングタイトルは”Hakuraku Mezzanine”でした。) そしてその2012年のThe Extreme Tourの素晴らしい体験と仲間たちとの出会いによって、いろいろとテンションの高かった僕は、自由奔放に楽曲が溢れ、それらの楽曲をバンドで取り組んで演奏していたのが、ああもうそれが2013年のことだったんだなあ。そしてそれらの楽曲が、昨年2014年に録音して、今年発表する予定の”Revive The World”と名付けた作品というかアルバム、になるのですが。 で、無名のインディーズミュージシャンである僕が、スケートボードというものに出会って、インスピレーションを得、スケートボードについての楽曲を書く。これはひとつ、それでいいでしょう。That’s …