音楽と信仰についての独白20161122

さて、私、Imari Tones (伊万里音色)と名付けたバンドにて、ささやかに、かつ小規模ながらに、時代の恩恵でニッチに細く広く、それでも世界を相手に音楽なんぞ作っているわけですが、 このタイミング、この時に、一人の日本人として、一人の日本人のクリスチャンとして、そして一人の日本人の宗教音楽家として、書き記しておきたいことがあります。 それは、いろんなことが手遅れになる前に。また、それを書き記す気力や元気があるうちに。 私は年齢が30歳を越えてからキリスト教徒になりましたので、クリスチャンになってからの時間は、まだまだ浅いと言えば浅いのですが、 近年は、そして特に今年は、キリスト教徒であることに対して、恥ずかしく思うこと、あるいは、苛立たしく思うこと、また、情けなく思うことが、多くなってきた年であったように思います。 それは、何年かクリスチャンやってみて、このキリスト教世界の、良いところだけでなく、悪いところも少しずつ見えるようになってきたということかもしれません。 しかし、かといって、そういった落胆があったとしても、私の中の神への信仰とか、イエス・キリストを信じる気持ちに、まったく変わりはありません。それはすなわち、最初から、僕が信じていたのは神であって、「教会」とかそこにいる「人間」ではなかったからです。 そして、僕が日本人であることをより意識するようになったのは、よくあることですが、やはり音楽を通じて、アメリカ辺りに演奏しに行ったりする中で、自分が日本人であることや、自分の中になんだかある愛国心のようなもの、つまり自分を生み育ててくれた場所に対して、少しでも貢献し、何かをお返ししようというような気持ち。そういったものに気付いていきました。 だから、これは日本人のキリスト教徒だから思うこと、かもしれません。 音楽家としての私の現在位置を書いておきます。 僕らのバンドImari Tonesは今年、重要なコンセプトアルバムである”Jesus Wind”というアルバムを録音制作し、完成させました。発表はおそらく来年になると思います。 これは、日本の歴史をひとつのクリスチャン的な視点から見て描き出した絵巻物であり、自らの信仰のルーツを確認する作品でもあり、また過去だけでなく未来に向けて描き出した「預言書」でもあります。 しかしキリスト教の視点から見た日本の歴史と言っても、様々な視点がありますが、アルバムの中にも「Bushido」(武士道)という曲があり、武士道と言えば、新渡戸稲造がその著書に書き記して世界に広まったように、キリスト教とは西洋の文化、西洋の宗教ではなく、むしろ武士道に代表される日本的な精神、キリスト教の本質に相通ずるような精神風土をもともと日本人は持っているのだ、といった視点の描き方があります。そして、この僕たちの”Jesus Wind”もやはりそのような立場から多分にこのアルバムの物語を鳴らし描いています。 ですから、日本人のキリスト教徒の一人として、世界に対して伝えたいことがあるとすれば、やはりそれは、そのような日本人ならではの精神風土からの意見になるのです。 僕たちは、この”Jesus Wind”の後、僕たちはクリスチャンロックを基本的にはほとんどすべて英語でやってきましたので、この後、ワンクッション、日本語の作品を作った後、自分たちにとっての究極の終着地点である「鍋島」というプロジェクトに取り掛かります。それは、音楽的にはより日本的な面を押し出した内容になり、歌詞は日本語と英語が半々になる予定です。 しかし、この「鍋島」は未完成で終わるかもしれません。 というのは、これをきちんとした形で鳴らし切るのは、今まで10年以上かけてやってきたバンド活動の全部と同じくらいか、あるいはそれ以上に大変な作業になると思われるからです。 ですからこの「鍋島」は作曲しただけで終わるかもしれません。 それはつまり、現代のミュージシャンの言葉で言えば、デモを制作することだけで精一杯かもしれない、ということです。 きちんと鳴らして、バンドで演奏し、きちんとレコーディングして発表する、そういったところまでは、あるいはたどり着けない可能性も十分にあるという感じです。 しかし僕は日本人の魂としての、また僕自身の音楽と信仰の終着地点としての「鍋島」を完成させるためにすべてを賭ける所存です。 そして、たとえキリスト教世界に落胆することが多かったとしても、神への、イエス・キリストへの信仰そのものは少しも揺るぐことはない、それと同様に、やはり僕はどのような音を鳴らし、どのような作品を作ったとしても、やはり私はクリスチャンアーティストなのです。自分の創作行為、生きる行為が、神への信仰を拠り所としている以上、やはり自分はクリスチャンアーティスト以外の何者にもなれないのです。 それは、日本語英語にもこだわらず、クリスチャンミュージックという枠さえもとっぱらって自由に作ったはずの「鍋島」が、やはり自然な形でクリスチャンロックの形で書き上がってしまったことからも、自分自身再確認できました。 さて、私が自分の短い人生の、そのうちの短い何年かで、しかし少なからず真面目に、キリスト教徒として神を信じて生活してみて、また神を信じて創作活動を行ってきて、そしてこの現代社会を眺めてきた上で、自分の狭い見識と偏見の中からではありますが、ひとつ、現在進行形で感じていることがあります。 それは、神という概念は、非常に危険なものである、ということです。 危険というのはどういうことかと言えば、それはたとえば、核兵器や、原子力。実際に核兵器の被害を経験し、また原子力の事故と災害も被った我が国だからこそ言えることかもしれませんが、たとえば核の力、原子力といったものは、まだまだ人間の手に余るものなのではないか。まだまだ、人の手には負えないものなのではないか、といった思い。 それと似たように、人はまだ、神という概念をきちんと取り扱えるまでには、至っていないのではないか、ということです。 きちんとそれを理解し、きちんとそれに向き合い、きちんとそれを正しく取り扱うことが出来るまでは。それが出来なければ、神というものは、人類にとって、非常に危険なものになるのではないか、という思いです。 その危険度は、それこそ、どんな核兵器や科学兵器の比ではないかもしれません。 そして、宗教や信仰といったものが、人々の生活を支え、本来は人々を幸福にするためのものであるはずであるのに、世界の歴史を振り返れば、宗教というものが、いかに悲劇や惨劇を生み出してきたか、という事実は、誰にも否定しようがないかと思います。そして、現代に至るまで、宗教を理由とした戦争が世界中で絶えないことからも、それはわかると思います。 キリスト教については二千年、その他の主だった宗教もやはり同じように1000年、2000年、あるいはそれ以上の歴史がありますが、それだけの時間がたち、人類社会が発展しても、なぜ、いまだに人は、「神」という概念にきちんと向き合うことが出来ないのか。 ひとつの方向性としては、「神」「宗教」「信仰」といった概念自体を、無くしていってしまう、ということが当然言えると思います。 しかし、これはおそらく不可能なのではないかと僕は思います。 どんなにコンピュータや、科学や、バイオテクノロジーや、人工知能が発達したとしても、生命そのものや、生きるという行為そのものへのミステリーは、埋めることができないでしょうから。そして、そこにはやはり「神」という概念が入り込んでくる余地が残るでしょう。その「空白」は、いつだって人の心にとっての危険地帯です。 また、僕たちの住む日本という国は、世界でも珍しく、また先進国の中でもほとんど例外的に、宗教という概念が社会の中で非常に希薄になっている社会です。もちろん慣習、文化としての仏教や神道は存在していますが、社会の中でそれが人々の行動を規定することはほとんど無く、いわば地球上でもっとも「無宗教」状態に近い場所のひとつと言えるでしょう。 けれども、そんな「進歩的」な無宗教社会にあっても、何かがおかしい、あるいは、色々なものが上手くいっていない、そのことを、私たちは体験的にどこかでわかっているはずです。 また、宗教から切り離されて生きているはずの現代日本の社会ですが、いつのまにか、他の何かが私たちの生活する上での「宗教」に成り代わってしまっていないでしょうか。たとえばそれは「ビジネス」であったり、「お金」であったり、「勤勉」をはじめとする日本人として生きることの価値観であったりするかもしれません。 真実から目を背けること、真実から目を背け続けることが、どれほど人生の意味を見失わせ、幸福を奪い、また成長を阻害し、ひいては社会全体の発展を妨げるか、ということになるかと思います。 しかし、真実を見つけること自体が、やはり容易なことではないのです。 それは、日本人に限らず、欧米や世界のキリスト教徒であっても、やはり真実に向き合うことは容易ではありません。 では、なぜ人は神を理解できないのか。 私の意見、そして私の言葉で言うならば、それはすべて「霊」の問題になるかと思います。霊、つまり、スピリット、ということです。 人は霊的な成長を遂げた上で、霊によって理解しなければ、神を認識することは出来ないのだと思っています。 人は感情から逃れることは出来ず、感情では神を理解することは出来ません。しかし、霊は感情を超越することができるからです。 …