“The Imaginary Number Boy 3” lyrics

“The Imaginary Number Boy 3”

 

If there is a place called Hell
It should look like this
I don’t quite remember when I was alive last time
Everyday looks quite the same here

He came in secret
Just to rescue me
He was 00…..777
He was The Imaginary Number Boy

He was counting in imaginary numbers
Making miracles out of ashes
I saw unicorns fly, dinosaurs run
He even offered me 5,000 Sushi

He came in secret
Just to rescue me
He was dressed in 9.3 (Mark 9:3)
He was the Imaginary Number Boy

He said
Things you can see they are not so real
Things you cannot see they are a little bit more real
But if you’re talking about a real thing
Just feel me inside, I’m always there
(solo)

I saw that
He was made of the imaginary numbers
Making everything out of nothing
He even offered me 7,000 Sashimi
and I ate them all

He came in secret
Just to rescue me
His cell phone number was 333 (Jeremiah 33:3)
He was the Imaginary Number Boy

 

 

 

概訳

 

もし地獄と呼ばれる場所があるなら
それはこんなふうに違いない
最後に生きていたのはいつだったか覚えていない
毎日が同じように過ぎていくよ

彼は秘密のうちにやってきた
ただ僕を助けるために
彼はダブルオー、777だったんだ
彼こそは虚数少年だったんだ

彼は虚数で物事を数えていた
灰の中から奇跡を作り出した
僕はユニコーンが飛び、恐竜が走るのを見た
それどころか彼は僕に5000個の寿司をごちそうしてくれたんだ

彼は秘密裡にやってきた
僕を助けるためだけに
彼は9.3(マルコ9:3)に身を包んでいた
彼こそは虚数少年だったんだ

彼は言った
目に見えるものはそれほどリアルじゃない
目に見えないものはもうちょっとだけリアルだ
でももしリアルなものが欲しいのであれば
私を感じなさい、私はいつでもそこにいる

僕は見たんだ
彼は虚数でできていた
何もないところからすべてを作り出していた
彼は僕に7000枚の刺身をごちそうしてくれた
僕はそれを全部食べたんだ

彼は秘密のうちにやってきた
僕を助けるためだけに
彼の携帯の番号は333(エレミヤ33:3)だった
彼は虚数少年だったんだ

 

 

 

 

作曲:2012年9月か10月と思う
作詞:2013年の1月から3月にかけてのどこかと思われる