“空想少年” lyrics

“空想少年”

 

おもちゃ箱のフタが開けば 止められないよ淡いときめきを
目をかがやかせて走り出す 自転車に乗ってあの場所まで

何のルールもいらないさ 君の秘密の世界には
たとえわかってもらえなくとも
胸の鼓動を 感じて 信じて 進もうよ 今は一人

ねえ のぞいてごらん胸の中 キラリと輝く宝石が
ほら それが明日への道しるべ たどって歩いておいでよ 一歩ずつ

放課後の天使はきらめいて それぞれの場所へと急いでいくよ
何も疑わず走り出す 自分だけが知るあの場所へと

大人の理屈はいらないさ 僕らの秘密の世界には
たとえ今は見えなくても
あの丘越えれば 何かが 変わる なくさないで そのときめきを

ねえ 守り抜いてよ胸の中 まだ磨かれないその宝石を
宝物をポケットに詰めて 未来へ持っていこうよ 君のすべてを

 

 

 

 

 

作曲: 1997年2月
作詞: 1997年2月
2005年夏録音