“Falling” lyrics

“Falling”

 

I don’t quite remember where it began
I don’t even remember where we were born
Long lost in the history
We were the little devils

I’m not really sure why we came here
Concrete, steel and neon lights
We didn’t care about God or Satan
We just wanted to play

We tried to ascend up to heaven
But in His universe there was no up or down
We thought we were rising
but in fact we were falling

But it was so awesome
we forgot why, why we started this
Let go, let go, we are falling
We are falling into the hands of God

I’m not quite sure what i’m made of
But I’m pretty sure I was born with sin
Long forgotten in the history
I was a little devil

It didn’t really have a serious meaning
It was just a joke on a whim
I didn’t know what it would eventually cause
Trust me I just wanted to make her happy

We tried to ascend up to heaven
But in His universe there was no up or down
We thought we were rising
but in fact we were falling

But it was so awesome
we forgot why, why we started this
Let go, let go, we are falling
We are falling into the hands of God

Yes it was so awesome
This is what I wanted, this is what I needed
Is this what God has given to me for my nasty deeds
I’ve been waiting for this more than forever

But it was so awesome
we forgot why, why we started this
Let go, let go, we are falling
We are falling into the hands of God

I’m still not sure why we came here
Silicone, plastic, and glass fibers
Is this some kind of weird B movie
Or are we on an eternal vacation

 

 

 

 

概訳

 

どこから始まったのか覚えていない
どこで生まれたのかも覚えていない
歴史のはるかかなた
僕らは小さな悪魔だったんだ

なぜこんな場所に来たのか自分でもわからない
コンクリート、鋼鉄、そしてネオンライト
神もサタンもどっちでもよかった
僕らはただ遊びたかったんだ

僕らは天国に上ろうとしたけれど
神の作ったこの宇宙には上も下もなかった
僕らは上っていたはずなのに
いつのまにか落ちていたんだ

でもそれはとても最高だった
理由なんか忘れてしまった
忘れてしまおう、僕らは落ちていく
神の手の中に落ちていく

自分が何で作られているかなんて知りはしない
けれど罪を持って生まれたことは知っている
歴史の中に忘れ去られた
僕はちっちゃな悪魔

別に深い意味なんてなかったんだ
それはちょっとした気まぐれのジョークだったんだ
そんな結果を引き起こすなんて知らなかった
信じてくれ、僕はただ彼女を喜ばせたかっただけなんだ

僕らは天国に上っていこうとした
けれども神の作ったこの宇宙に上下の別もなかった
僕らは上っていたつもりだったけれど
実は落ちていたんだ

けれどそれは最高だった
理由なんて忘れてしまった
気にするのを止めよう、僕らは落ちていく
神の手の中に落ちていく

そう、それはすごく最高
これこそが僕が欲しかったもの
これが僕の汚い行いに対して神が与えたものなのか
僕はこれをずっとずっと待っていたんだ

けれどそれはとても最高
理由なんてもう忘れてしまった
忘れてしまえ、僕らは落ちていく
神の手の中に落ちていく

なぜここへ来たのか今でもわからない
シリコン、プラスティック、そして光ファイバー
これは何かのB級映画なのか
それとも僕らに与えられた永遠のバケーションなのか

 

 

 

 

作曲:2012年9月か10月頃と思う
作詞:2013年の1月から3月にかけてのどこか