A little acoustic tune and “Prototypes”

Just a small update:)

We are basically (without a doubt) a small unknown indie band.
Some of you may know, we have a long history of making music, even before we became a “Christian band”.

I, Tak Nakamine, was making music even before this band was officially formed into a “band”, if you know what I mean. I was recording music just by myself.

So here is an album “Prototypes”. (I call it “small album” because it only has 8 songs on it)
I recorded it back in 1999.

There was a little cute acoustic song called “Flowers”.

I wrote and recorded it in 1999. But back then, I didn’t have an acoustic guitar. (Does it surprise you?)
So, I used Boss Acoustic Simulator effect pedal and tried to make it sound like an acoustic song.

Fast forward to 2017, now I have a “decent” acoustic guitar. (Made by Headway Guitars, Japanese guitar manufacturer, if you want to know.)
So I decided to “re-record” this song, using a real acoustic guitar.

Here is the result.

Also, I did one more thing to “revise” this old album.
I replaced one “Oh too young” ballad with a Christian worship song I wrote in 2015.

You may think it’s funny to “re-write” our past history. You can’t do things like this if you are a famous band. But we are a small indie band and we have always been working with “limitation”. So sometimes we may well benefit from “grace of time”, I guess, to make things better.

In anyway, this is one of our older albums and all songs are sung in Japanese language. But I want to let you know, this album “Prototypes” is now on iTunes/Spotify and other digital stores, too.
So check it our, if you please;)

 

 

Just to update, now we are 1) Making artwork for the new album “Jesus Wind” and 2) Rehearsing fiercely for the next project(s).

God bless you all!
See you soon!
Tak / Imari Tones

 

 

さて小さなアップデートです。

僕たちは、基本的に、そして間違いなく、無名のインディーバンドです。
知っているかもしれませんが、クリスチャンバンドになる前から、僕たちには音楽を作り続けてきた長い歴史があります。

私、Tak Nakamineは、このバンドが公式にバンドの形になる前から、音楽を作り続けてきました。つまり、一人で音楽を録音していました。

そしてここに「Prototypes」というアルバムがあります。(8曲しか入っていないので、スモールアルバム、という感じです。)
私はこれを1999年に録音しました。

そしてそこに”Flowers”というちょっとしたアコースティックギターの曲があります。
(以前は「花弁」と呼んでいましたが、この機会に「Flowers」と呼ぶことにしました。)

私はこの曲を1999年に書いて、録音しましたが、当時私はアコースティックを持っていませんでした。(驚きましたか?)
なので、BOSSのアコースティックシミュレーターのエフェクターを使って、アコースティックっぽい音にして録音しました。

時を2017年まで進めると、今では私は「まともな」アコースティックギターを持っています。なので、この曲を再度、録音してみようかなと思い立ちました。

その結果がこれです。

また、私はこのアルバムを「改訂」するためにもうひとつのことを行いました。
このアルバムに入っていた「ちょっと若過ぎる」バラードを、私が2015年に書いたクリスチャンのワーシップ曲と入れ替えました。

こんなふうにして「過去を書き変える」のはおかしいと思う人もいるかもしれません。もし有名なバンドだったら、こんなことは出来ないでしょう。けれども僕たちは小さなインディーバンドであり、常に制約の中で音楽を作ってきました。なので、時にはこういった時間の恩恵を受けることがあっても許されるんじゃないかなと思っています。

なんにせよ、これは僕たちの古い作品のうちのひとつであり、すべての曲は日本語で歌われています。そして、私達はこの「Prototypes」も、iTunesやSpotifyなどのデジタルストアに掲載して配信を開始しました。
もしよろしければチェックしてみてください。

近況を報告すると、私たちは今、1)新しいアルバム”Jesus Wind”のジャケットのアートワークを作っています。2)次のプロジェクトのためにいっしょうけんめいリハーサルをしています。

みんなに神様の祝福がありますように。
またお会いしましょう。
Tak / Imari Tones

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.