Van Halen “A Different Kind of Truth” [Pre-release review]

 

Though putting an article like this on our own band blog is a little bit of off topic, I do this none the less, because Van Halen means so much to us and it has so much to do with our music, and in fact…to gain some internet access;)
 
(日本語は下にあります)
 
 
Van Halen “A Different Kind of Truth” [Pre-release review]
by Tak Nakamine / Imari Tones (Japan)
 
“While other legendary rock bands are about to end their 50 years of Rockn’Roll history, Van Halen starts next 100 years!”
 
 
 
In 1970’s,
Eddie Van Halen was having a hard time while he played cover tunes at night clubs.
Because his sound was so much special and original.
He could never sound like other ordinary guitarists. 
But he choose to play with his own sound and technique rather than mimic others.
He invented a whole new sound and technique which nobody could ever imitate.
 
And then their debut album “Van Halen” became a big hit all around the world.
He made a revolution in rock guitar world.
He changed the way rock guitar is being played forever.
Yes, he won the bet.
 
 
In 1983,
Eddie Van Halen was having a hard time because he was forced to play cover tunes on their album, and because he could not play songs featuring his keyboards.
So he built a studio called 5150 Studio, trying to get an creative environment in which he can make his music more freely. 
They choose to produce their album mostly by themselves.
 
And then the album “1984” became a huge hit all around the world, and the song “Jump” went No.1 on hit chart.
Yes, he won the bet.
 
 
In 1985,
Eddie Van Halen was having a hard time because their splendid frontman had just quit the band.
But he brought in the new singer with powerful voice and wider voice range, so that they can play those melodic tunes which had been impossible with their previous singer.
Eddie unleashed his melody inside, and wrote songs more freely.
And then, the album “5150” reached to the top of the chart and became a big hit all around the world.
Yes, he won the bet again.
 
 
In 1990,
Eddie Van Halen create a new guitar and an amplifier, trying to achieve more massive, bigger and thicker sound which nobody had ever heard before.
Musicman EVH guitars had a huge impact on high end guitar craft in new generations.
And Peavey 5150 amplifiers changed the rock guitar sound all over the world with its new generation high gain sound. They had a huge impact on modern rock sound and many musicians are playing those 5150/6505/EVH amps today.
 
Eddie played those guitars and amps on the albums called “For Unlawful Carnal Knowledge” and “Balance”, they both went to No.1 and became big hits.
Yes, he won the bet again.
 
 
In 1997,
Eddie Van Halen was having a hard time because their powerful singer had just quit he band (or the band fired him, depending on who you ask).
He brought in the new singer.
A singer who is younger, with faith, sometimes naive, sometimes rough, yet with good spirit. 
It was because he wanted to pursuit his new music.
A new music with more personal message, with his highest skills and musicianship, which had been impossible with their previous singer.
 
Eddie’s musicianship, mind and skill were higher than ever.
And his music, its artistic quality reached its peak.
 
However, it was probably too complicated.
It was something more than beer and girls.
 
For several reasons, it didn’t went to No.1.
(It still went Gold, though.)
 
 
And,
rejection from fans,
pressure from the record company,
those things forced the band to give up this project,
before they put out their 2nd album.
 
He lost the bet?
I don’t know.
 
But, at least for me, that was the end of Van Halen.
 
Eddie Van Halen,
he who had always been making music honestly from his heart,
now his best music was rejected by the world.
 
After that, Eddie’s tongue cancer and personal problems such as divorce put the band on hiatus for years.
The reunion with Sammy Hager in 2004 went wrong at the end.
Most of the first decade of 21st century, virtually there was no Van Halen in this world.
 
 
However, in my opinion, this record called “Van Halen 3” released in 1998, was predicting the next 10 years of Rockn’Roll scene.
 
 
In 21st century, it became an internet era.
Music industry went smaller and smaller, records selling less and less.
People started talking about Rock music with nostalgia.
 
Bands became smaller, and their music became more diverse, mixed, and segmented. It became more and more personal.
And yes, you can find some really good bands among those independent bands, who have nothing to do with commercialism.
 
 
“Van Halen 3” was predicting these things in our new generation.
Van Halen was the biggest band in the world.
And yet, they made this small and personal music with “Van Halen 3”.
It was a premonition of the first 10 years of 21st century, in which Big Rock is being broken down into small pieces.
 
 
Believe it or not,
with this message they left,
we have been making music for more than 10 years,
following the direction they had shown with their last record.
They showed us this independent rock spirit for next 10 years, in trade for their successful career. (At least that’s the way I feel.)
 
 
And after that, 
I saw quite a few great rock bands in 21st century.
Most of them were small bands, but they were truly special.
Music from those bands, they are more cutting edge, more complicated, so many elements mixed.
That’s the latest rock music in 21st century. 
 
Latest rock music, 
it is no longer played by a big rock band in a big arena,
but played by an independent band who sells only 2,000 records.
That’s the rock music in our generation.
 
I think,
Eddie Van Halen also must have wanted to do that.
And I know he can do that for sure.
Eddie Van Halen, he can play any type of music.
He can make more cutting edge and more complicated music than any young musicians out there.
 
However, situation never allowed him to do that.
Because Van Halen was too big a band in Rockn’Roll history.
Other hair metal bands from ‘80s, they can do that.
They can do this “once big but now local band playing small venues” thing in this indies-era.
But Van Halen was simply too big to do that.
 
It was ironic that those many bands from ‘80s, much smaller than Van Halen, reunited and started their career again in smaller places, but Van Halen, the biggest band, could never move and stayed inactive.
They were too big to make a move in this 21st century music scene.
 
 
Eddie Van Halen’s last, ultimate achievement,
smaller in size but more personal, more cutting edge, and true to soul.
The world had rejected it.
 
From that moment, Van Halen was over.
They can’t make real music anymore.
 
In 2007, they reunited with David Lee Roth and did a big reunion tour through 2007-2008.
 
That was inevitable.
Because the only choice left for them was a reunion with Dave.
That was the only form the world approve.
 
However,
I believe it was almost like stepping into his own coffin for Eddie Van Halen.
Because he could not pursuit his new music inside him anymore.
 
So I thought,
even if they would put out a new album,
it would never be something new,
but it would be just another mediocre reunion album with nostalgic feeling.
 
 
Van Halen was always a king,
the royal road of Rockn’Roll,
a leader, a flag-bearer, they are the ones who make the future of Rock.
And they were always THE LOUDEST.
But they will never be in the lead again.
They will never be on top.
All they can do is, to make an old sounding reunion record full of nostalgia with Dave.
 
I’ve been thinking that way for a long time.
 
I was wrong.
Very wrong.
 
 
I didn’t know there was a way.
Such a beautiful way.
 
I didn’t know they still can do thing like this.
 
I didn’t expect it.
 
 
Eddie Van Halen surely understands the situation of 21st century rock music scene, too much progressed, too much diverse and segmented, and getting smaller and smaller, and he came up with the solution.
He made a record to break this dead end situation of our time.
A tremendous record.
 
This album is Game Changing!
This will change the rule of Rockn’Roll world and music industry in this era.
 
 
Rock music in dead end, unable to see future, in every aspect, commercially and musically.
But Van Halen they will show the answer for all.
For all the musicians, for all the music lovers,
they will show the answer for NEXT 100 YEARS!!
 
 
My expectation was, they would make an album with early Dave era sound, such as Fair Warning or Van Halen 2.
 
But I was wrong.
They went back even further.
 
They went to back to their pre-debut era, or even further.
And they successfully acquired the genuine essence of Rockn’Roll, or the genuine root of Entertainment.
In its purity and intensity, now it looks like they are even ahead of AC/DC.
 
When I saw the video of the song “Tattoo”, I thought.
 
“When is this band from!?”
 
It is 2012.
But I felt like I was watching a band from 1912.
 
Off course there was no rock band on this planet in 1912.
There was no rockn’roll yet.
 
However, in this simple song called “Tattoo”,
Eddie Van Halen and David Lee Roth,
these 2 old musicians are telling us a message.
 
This rock scene 2012,
everything segmented, complicated, broken down.
But is this just the new beginning for Rockn’Roll?
 
They are telling us.
“Hey it may be 2012. But it is still 1912 for Rockn’Roll”
 
This is just a beginning.
After now, blues will be born in small clubs in Memphis or Chicago.
Jazz will be born and develop.
And there will be new entertainment.
 
With this album more than classic,
Van Halen claimed their new estate as a legend,
a legendary entertainer for 100 years.
Just like some bluesmen who played before big mafia boss.
 
 
In this 21st century era,
Rockn’Roll is no more in big arena or stadium which holds 20,000 people.
But it is more in clubs which hold only 1,000, or just few hundreds.
 
Van Halen understands the time for sure.
That’s why they did their rehearsals at ROXY in Los Angels and they did the video for the song “Tattoo” there. A very simple video.
 
That’s why they choose the New York venue “Cafe Wha?”, which holds only 250, for the place for their first public appearance for the album.
 
Van Halen, the biggest rock band in the world, went back to their club days and they acquired the essence of Rockn’Roll from the era Rock music was played in small night clubs.
 
They have rebuilt the Rockn’Roll entertainment with their legendary extraordinary performance skill. And they will take this club gig excitement to big arenas!
 
Yes, because Van Halen is one of the few legendary rock bands who still is able to tour arenas.
 
Big arena tour with club gig intimacy and intensity.
Something only Van Halen can do in this time.
They, again, will show the world what Rockn’Roll is all about.
With the LOUDEST sound.
 
While other rival bands making records to end the history of Rockn’Roll, only Van Halen made an album which defines the next 100 years of Rockn’Roll.
 
I have no word to describe how great this is.
This is the right album for the right time. This will be the turning point of Rockn’Roll history.
 
Van Halen is about to start their new history of Rockn’Roll.
 
Van Halen is in the lead, again.
 
 
 
 
 
This is a “pre-release” review of the upcoming Van Halen album, “A Different Kind of Truth”.
I wrote this article even before I ever hear the actual album.
It is based on the expectation, assumption, and guess.
I did this because I am a huge fan of Van Halen.
 
We are a Christian rock band from Japan.
 
Why is a guy from a Christian band writing about Van Halen?
 
Because, off course, we were heavily influenced by them.
 
It is no secret our all time No.1 favorite band is Van Halen.
 
 
You say Van Halen has never been a Christian band?
 
Maybe you are right.
But maybe you are wrong.
 
Gary Cherone is one of the most famous Christian rock musicians in heavy metal scene, which gave a depth to the lyrics of Extreme songs.
(“Without You” clearly sounds like a Christian song?)
 
Sammy Hager was singing about his unique religious perspective in songs like “Best of Both Worlds” and “Mine All Mine”, but in his Post-Van-Halen works he sounds more like a conservative Christian. (If I understand his English correctly)
 
And… Wikipedia says Alex Van Halen is now a ordained minister and presided at the weddings of Eddie in 2009.
 
God bless Mighty Van Halen! 
 
 
 
Tak / Imari Tones
23.Jan.2012
 

 

 
『他の伝説のロックバンドたちが 
ロックの50年の歴史に終止符を打とうとする中、 
Van Halenは新たな100年を始めようとしている!』 
 
 
 
1970年代。 
エディ・ヴァン・ヘイレンは、 
クラブでカヴァー曲を演奏しながら、 
普通のギタリストのような音を出すことができなかった。 
彼のサウンドはあまりに特別だったから。 
でも彼は無理をして他のギタリストのような演奏をすることよりも、 
自分らしいサウンドとプレイをすることを選んだ。 
彼は誰にも真似のできない新しいサウンドとプレイを編み出した。 
そして、 
“Van Halen”は、世界的な大ヒットになった。 
彼はロックギターに変革をもたらし、 
世界中のロックギタリストのプレイを、大きく変えてしまった。 
彼は賭けに勝ったのだ。 
 
 
1983年。 
エディ・ヴァン・ヘイレンは、 
カヴァー曲ばかりやらされることへの不満や、 
キーボードを使った曲をやれないことへの不満から、 
より自由に音楽を作る環境を求めて、 
5150スタジオを作り、 
自分たちでアルバムをプロデュースすることを選んだ。 
そして 
“Jump”はNo.1ヒットになり、 
“1984”は、世界的な大ヒットになった。 
彼は賭けに勝ったのだ。 
 
 
 
1985年。 
エディ・ヴァン・ヘイレンは、 
看板ヴォーカリストの脱退という危機にあって、 
今までできなかったメロディを大切にした楽曲を演奏するため、 
広い声域を持ったパワフルなヴォーカリストを加入させた。 
彼はより自由にソングライティングした。 
そして 
“5150”はアルバムチャートのNo.1に輝き、 
世界的な大ヒットになった。 
彼は賭けに勝ったのだ。 
 
 
 
1990年。 
エディ・ヴァン・ヘイレンは、 
それまでとは違う、 
より重厚でビッグなサウンドを求めて、 
新しいギターと、新しいアンプの開発に取り組んだ。 
Music Man EVHモデルは、その後の高級ギターに大きな影響を与え、 
そしてPeavey 5150アンプは、 
新しい時代のハイゲインアンプとして、 
世界のロックサウンドを一新させ、 
その後のアンプ開発やギターサウンドに大きな影響を与えたばかりか、 
“5150/6505″は今でも様々なジャンルのアーティストに定番として愛用されている。 
そしてそのサウンドを生かしたアルバム 
[email protected]#C%K”と”Balance”はいずれもNo.1ヒットとなった。 
彼はまた賭けに勝ったのだ。 
 
 
 
1997年。 
エディ・ヴァン・ヘイレンは、 
実力派ヴォーカリストの脱退という危機にあって、 
今まで表現することのできなかった 
自らの中にあるより高い音楽性と、 
パーソナルな世界観に根ざしたメッセージ性を追い求めるため、 
内省的でナイーヴな面と、ロックの荒々しさを併せ持つ、 
そして信仰とスピリットを持った、 
若いヴォーカリストを加入させた。 
 
彼の音楽性は、今までにないほどの境地に達し、 
彼は、新たな環境の中でそれを存分に表現した。 
 
しかし、そのサウンドはどうやら複雑に過ぎた。 
 
いくつかの理由から、 
今度はNo.1ヒットにはならなかった。 
 
そして、 
ファンたちの批判と、 
レコード会社からの圧力によって、 
この彼の新たな表現のプロジェクトは、 
2枚目のアルバムを出すことなく、 
挫折を余儀なくされた。 
 
彼は賭けに負けたのか。 
それはわからない。 
 
しかし、僕にとってはこれがVan Halenの終わりだった。 
 
エディ・ヴァン・ヘイレンという、 
いつだって自分の中の音楽に本当に正直に、 
いちばん大事なものを表現してきたアーティストの、 
最後にたどりついた究極の境地を、 
世間は否定したのだから。 
 
Van Halenは、 
エディ・ヴァン・ヘイレンの舌癌の闘病、 
離婚などの理由によって、 
その後の何年もの間、活動が停滞することになる。 
2004年に実現したサミー・ヘイガーとのリユニオンも 
仲違いに終わり、 
21世紀になってからの10年近く、 
Van Halenは実質存在していなかった。 
 
 
しかし、1998年にリリースされた、 
この”Van Halen 3″というレコードは、 
間違いなく、ロックシーンの次の10年を予言していた。 
 
 
21世紀に入り、 
インターネットの時代になるにつれて、 
音楽産業は縮小し、 
レコードは次第に売れなくなり、 
ロックはノスタルジーをもって語られるものになった。 
バンドは規模が小さくなり、 
そして表現は多様化し、細分化し、 
そしてパーソナルなものになっていった。 
その中には、、商業化の波をかぶらない、 
本物のインディペンデントな良質なバンドが、 
人知れず存在した。 
 
 
世界でいちばんビッグなバンドであるVan Halenが、 
パーソナルでスモールな、 
しかしメッセージとあたたかみにあふれた音楽を作った、 
“Van Halen 3″はそんな方向性を指し示していたし、 
ビッグなロックが解体していく21世紀の最初の10年をよく予測して描いていた。 
 
 
信じるにせよ信じないにせよ、 
僕はその彼らが最後に示したもの、 
あの自らを犠牲にすることによって次の10年のロックのインディペンデント精神を描いた、 
あの”Van Halen 3″が指し示したもの、 
それに従って、それからの10年以上、僕は音楽を作ってきた。 
 
そして規模の大小ではなく、 
小規模ではあっても本当に素晴らしい 
そんなバンドを21世紀になってから 
いくつも知ってきた。 
 
 
それらのバンドの音楽は、 
先鋭化し、より複雑化し、 
様々な要素がミックスされたものになった。 
それが、世界で最新のロックだからだ。 
 
世界でもっとも新しいロックは、 
アリーナを満員にする大規模なバンドによってではなく、 
レコードが2000枚しか売れないような、 
そんなインディペンデントなバンドたちによって 
今の時代には鳴らされる。 
 
 
エディ・ヴァン・ヘイレンも、 
きっとそれがやりたかったに違いない。 
そして、エディ・ヴァン・ヘイレンなら、 
間違いなくそれが出来るのだ。 
どんな若い、先鋭的なアーティストにも負けないほどの、 
複雑で、様々な要素を持った音楽が、 
彼には疑いなく作ることができる。 
 
 
しかし、状況は、それを許さない。 
Van Halenは、歴史上、あまりにもビッグなバンドだからだ。 
他の80年代のメタルバンドが、それをやっても、 
Van Halenだけは、「かつてビッグだったけれども今は地道に活動する小さなバンド」 
という選択肢を選ぶことができない。 
 
 
Van Halenよりも「格下」である、 
80年代のロックバンドたちが、 
そうした21世紀的な「小規模な」活動形態を選んで、 
復活し、再結成し、クラブツアーを行い、 
地道に活動を再開する中、 
 
いちばんビッグだったVan Halenだけが、 
ずっと活動を停止しているというのは 
皮肉なことだった。 
彼らはビッグ過ぎて、 
身動きが取れなかったのだ。 
この21世紀の音楽シーンの中では。 
 
 
エディ・ヴァン・ヘイレンの、 
小規模で個人的で先鋭的な音楽性を、 
世間は否定した。 
 
だから、その瞬間から、もう、 
Van Halenというのは、終わったバンドだ。 
本物の音楽を追求することは、もうできない。 
 
 
2007年に、David Lee Rothが復帰して、 
彼らは復活のツアーを2007-2008年と行った。 
 
それは必然だった。 
彼らに残された選択肢は、デイヴとのリユニオンしか残されていなかったし、 
それが世間が許す唯一の形だった。 
 
しかし、 
もう自分の中の先鋭的な音楽を追求することができない 
エディ・ヴァン・ヘイレンにとっては、 
これは自らの棺桶に等しい再結成であったと思う。 
 
だから、彼らが新しいアルバムを作るとしても、 
それはもう、 
新しい音楽ではなく、 
ノスタルジーに支えられた、 
懐古主義の商品に過ぎないだろうと、僕は思った。 
 
 
Van Halenは、いつでもロックの王道であり、 
新しいロックを切り開く旗手であり、 
本物のロックをいちばん大きな音で鳴らすバンドだった。 
 
でも、Van Halenが時代の先頭に立つことは、もう無い。 
 
彼らにできるのは、デイヴと一緒に、ノスタルジーでいっぱいの、 
古臭いアルバムを作ることだけ。 
 
 
僕はずっとそう思っていた。 
 
間違っていた。 
 
大間違いだった。 
 
 
 
 
そんな手があったとは。 
 
そんな方法が残されていたとは。 
 
彼らに、まだこんなことが出来るなんて。 
 
 
 
こんなことはまったく予想していなかった。 
 
エディ・ヴァン・ヘイレンは、 
先鋭化し、多様化し、矮小化した、 
この現代の21世紀のロックシーン、 
それを正しく見つめ、 
その状況を打破する、 
とんでもない作品を作ってきた。 
 
このアルバムはGame Changingだ。 
この10年間の音楽業界のルールを、 
大きく変えてしまうものだ。 
 
 
彼らは、 
ロックが商業的に、状況的に、音楽的に、 
すべての面で行き詰まり、 
未来が見えなくなったこの時代に、 
すべてのロックミュージシャンに向けて、 
 
次の100年間にロックが鳴らすべき方向を指し示す! 
 
 
僕は、おそらく彼らが、 
デイヴ時代の初期のサウンドにさかのぼってアルバムを作ってくるだろうと予測していた。 
 
しかしそれは間違っていた。 
彼らは、なんとそれ以上に遡ってしまった。 
 
自分たちのデビュー前、いやそれ以前まで立ち戻り、 
ロックの本来のルーツを、 
そしてエンターテインメントの本質を捉えることに成功した。 
 
その純度は、もはやAC/DCを凌ぐほどの密度だ。 
 
 
“Tattoo”のビデオを見て、僕は思った。 
これはいつの時代のバンドなんだ。 
 
今は2012年。 
しかし、僕はまるで、 
1912年のバンドを見ているような錯覚に陥った。 
 
もちろん、1912年には、ロックバンドは存在していなかった。 
ロックンロールは生まれていなかった。 
 
しかし、このシンプルな”Tattoo”という楽曲の中で、 
Eddie Van Halenと、David Lee Roth、 
この老いた二人のミュージシャンは問いかけてくる。 
この矮小化し、複雑化し、多様化した2012年の音楽シーン。 
 
しかしそれは、ロックンロールにとっての、 
新たな始まりではないのか、と。 
 
この2012年は、 
実はロックンロールにとっての1912年であり、 
これから、メンフィスや、シカゴの小さなクラブで、 
ブルースが生まれ、ジャズが育ち、 
新しいエンターテインメントが生まれていくのだ。 
 
 
このクラシックという言葉でも足りないくらいの、 
本物のクラシックなロックンロールのアルバムをもって、 
Van Halenは、 
エディ・ヴァン・ヘイレンとデヴィッド・リー・ロスは、 
禁酒法時代にマフィアのボスの前でパフォーマンスを披露したブルースマンのように、 
100年単位で語り継がれるエンターテイナーとしての 
新たな伝説を確立した。 
 
 
21世紀の今、 
ロックンロールとは、 
もはや80年代のように、 
何万人を収容するアリーナやスタジアムで鳴らすものではなく、 
1000人、または数百人規模のクラブで鳴らすものになっている。 
 
彼らはその時代の流れもきちんとわかっている。 
彼らがロサンゼルスのROXYでリハーサルを繰り返し、 
またそのROXYでこの”Tattoo”のシンプルなプロモーションビデオを撮影したこと。
 
そして、彼らがこの新しいアルバムの発表の場として、 
一番最初のショウをニューヨークの250人収容の小さなクラブ、Cafe Wha?を選んだこと。 
 
 
世界最大のロックバンドであるVan Halenは、 
その彼らのデビュー前のクラブ時代のルーツに立ち戻って、 
ナイトクラブでロックが鳴らされていた時代のロックの本質を、 
この時代に再びきちんと捉えなおしたのだ。 
 
それによって、彼らは、ロックンロールの、エンターテインメントの本質を 
その伝説的なパフォーマンスによって再構築し、 
そして、彼らはそのクラブギグの興奮と密度を、 
そのままアリーナへ持っていく。 
 
そう、この2012年において、Van Halenは、いまだにアリーナツアーができる数少ない伝説的なロックバンドのひとつなのだから。 
 
クラブツアーの密度と親密さを併せ持った、大規模なアリーナツアー。 
これによって、Van Halenは、ロックとは何であるのかを、 
再び世の中に示す。 
いちばん大きな音で。 
 
そして、他のライバルバンドたちが、ロックの歴史に終止符を打とうとする後ろ向きな作品を作る中、 
Van Halenだけは、ロックの次の100年を定義し、指し示すためのアルバムを作った。 
 
 
凄いなどという言葉ではとても表現できない。 
時代の本質を鋭く捉えた、まさにロックの歴史の重要なターニングポイントとなるアルバムだ。 
 
Van Halenは、今この時代に、新しいロックの歴史をスタートさせる。 
 
 
Van Halenは、今再び、時代の先頭に立った。 
 
 
 
 
 
 
以上、これは、 
まだアルバムがリリースされる前に、 
「予想」と「想像」で書いた、 
リリース前のレビューだ。 
 
 
僕らは、日本において、 
クリスチャンロックを鳴らしているバンドだ。 
 
なぜクリスチャンロックバンドの僕らが 
Van Halenについて書くかって? 
 
それは、僕らがVan Halenの影響を大きく受けているから。 
 
Van Halenがクリスチャンバンドだったことは無いって? 
 
それは間違っている。 
 
 
3代目ヴォーカリストのゲイリー・シェローンは、 
有名なクリスチャンロッカーの一人であり、 
それがExtremeの歌詞の世界に深みを与えていた。 
(”Without You”は、明らかにクリスチャンソングではないのか?) 
 
サミー・ヘイガーは、 
“Best of Both Worlds”や”Mine All Mine”などで、その独特の宗教観を歌詞として表現していたが、 
特にVan Halen脱退後のソロ活動で、より保守的なキリスト教の宗教観を表現するようになっている。 
 
 
そしてAlex Van Halenは今や、Ordained Minister(牧師)であり、 
2009年に行われたエディの再婚の結婚式は、アレックスが牧師として執り行ったのだ。 
 
God bless Mighty Van Halen! 
 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.