Nuclear Plants, Revolution, and God’s Kingdom

 

 
(Japanese below – 日本語は下にあります)
 
Hi, this is Tak from IMARi ToNES, a Japanese Christian rock band.
 
We have many announcements for this summer.
A new album to sell (Yes, check it out on iTunes), a tour announcement, and a little something to ask our fans.
 
However, we have to follow the right order when doing things.
So, before making any announcement, we want to share this story first.
Because we feel it’s a very important thing.
 
It’s a long story, so if you love long stories, then please keep reading.
 
—————
 
 
It’s really difficult to explain what has been going on in Japan after last year disaster. There is really no explanation. We thank you and really appreciate all your prayer for Japan. Just like I said in every opportunity, we believe this is a change for Japan, planned by God, and it’s a change for good. After we started playing Christian rock music (and we were REALLY serious), we prayed for a change for Japan. So that there will be more Christians in Japan, more people know about Jesus and God, and there will be spiritual salvation upon our country Japan. And yes, we believe now Japan is changing. People in Japan, society in Japan, they are changing, though we lost many people’s lives as sacred sacrifice on March 11, 2011.
 
 
Even after 1 year has passed since the earthquake and tsunami, we are still struggling, and our society is shaking. That is, because of, the nuclear power plant issue. Maybe nobody outside Japan cares about it, but we care. Because we are Japanese. 
 
 
The worst thing last year was we lost so many lives in the disaster. About 20,000 people killed. But the next worst thing was, as you all know, the Fukushima nuclear power plant disaster, which took away their hometown forever, and may cause further, bigger disaster to whole human race in any moment.
 
 
It was on May 5th 2012, all the nuclear power plants in Japan stopped running. Since last year, there have been so many demonstrations against nuclear power plants in Japan, just like every week. It was quite surprising because in Japan people were always ignorant, indifference, and they didn’t care about things as long as they can live their life as usual. I felt people were changing, society were changing. As 1 year has passed, I begun to realize, this is not just about energy policy issue. It’s something MORE. It’s about our SPIRITUAL decision.
 
 
Some of you, your friend or family, may be working in one of those nuclear power plant facilities, and we have nothing against those people. And I don’t know if nuclear power plant itself is right or wrong. After all, we had been relying on them for many years in our life.
 
 
But as a citizen in Japan, the country in which we had 3 nuclear disasters in history (Hiroshima, Nagasaki, and Fukushima), at least we can say this. We are NOT God. We are NOT perfect. And there is always something we CAN’T expect. Because the huge tsunami on March 11th 2011, that was something more than our expectations.
 
 
In Fukushima disaster we learned several things. 1: We are not perfect. Accident happens. 2: Once a nuclear power plant is broken, there is NO way to fix it. We have to take care of it for thousands of years to come (And if we fail to do that, what will happen?) 3: We use those “nuclear fuel” to run the nuke plants, but the problem is, we have NO way to “dispose” those fules after we used them. We have to take care of those used fules for a very long time.
 
 
I think, probably, we can rely on those nuclear power plants, only if we are perfect. Only if we make no mistakes. Absolutely no mistake. But we all know we make mistakes. And we can’t expect everything right. We know we are not perfect. (We need Jesus, because we are not perfect. Right?)
 
 
I don’t know what they are going to do with the broken Fukushima plant, which may collapse in any moment and cause further bigger disaster to the world. And maybe it’s already too late for the human race on this planet. But as a Japanese person, I can say this. Nuclear power plant is NOT GOOD. Or at least it’s too early for us to use it. We are simply not matured enough, and our technology is still not enough to deal with it.
 
 
And we learned one more important thing in this disaster and following society struggle. Nuclear power plant is more about MONEY, rather than about energy policy.
 
 
I don’t really want to explain here but, it looks like people build those nuclear power plants because of MONEY. And they want to keep them running, because of MONEY. And now our government wants to restart those nuclear power plants because of MONEY.
 
 
I’m not going to say we don’t need money. But as a Christian, I always think of the bible words, “You can’t serve both God and Money” (Matthew 6:24). And to me it sounds like a choice between LIFE and MONEY. It’s a spiritual decision, rather than a political decision. And I feel it’s time to make our decision. Our society’s decision that decides our direction. And we can’t be ignorant for that. Our future, whole human race, and our children’s life at stake.
 
 
One of my heroes in Japanese Christian history, is Takashi Nagai, who was a surviver of Nagasaki atomic bomb and the author of “The Bells of Nagasaki”. He was also a doctor and a researcher in nuclear technology (radiology). In his book “The Bells of Nagasaki”, he wrote about “using nuclear technology for peace, not for war”. He was dreaming about using nuclear technology for a good purpose. Now I wonder what he would say if he were alive. Would he be disappointed with our immature technology? Or would he be disappointed with our immature society? But his story tells us there is still hope. Because in his worst situation after Nagasaki atomic bomb, he still had hope for the future.
 
 
My story doesn’t end here.
I want to talk a little more about POLITICS (ah, not really), and OUR LOVE for our nation Japan.
 
 
As a rock musician in an independent band, I have been always thinking about changing society. It’s what rock music is all about, right? When we look into a history book, back in 1960’s people believed that music could change the world. I have been thinking what it really meant, and that’s actually one of the reasons I became a Christian. And off course, I have been always thinking about “Politics” (ah, not really) and “Revolution”.
Yes, Revolution. Number 1, number 9, or whatever. (The Beatles.)
 
 
When I see those struggles and turmoils in Japanese society more than 1 year, I realized this is more than just an energy policy. It’s more about politics. And it’s more about DEMOCRACY. It’s our society system.
 
 
What kind of DEMOCRACY do we have, when the government makes a decision against so many people?
 
 
What kind of JOURNALISM do we have, when there are many demonstrations every week and they don’t even mention it on TV and Newspaper?
 
 
What kind of SOCIETY are we making, when people’s voice can’t be heard and only POWER MANIACS and MONEY WORSHIPERS in higher positions?
 
 
In this struggle and turmoil, we realized that’s the society we have. That’s the government we have. I think Japan has come to a point when we have to face these society distortions.
 
 
As a rock musician and an artist, I never believed in the notion of “NATION”. We have no borders between cultures, races, tribes. It’s just our background. Thus, I never believed in our government, too.
However, when I became a Christian, I learned one important thing. We have GOD’S KINGDOM. Yes, I am a Japanese person. But we don’t really belong to a country here on earth. WE BELONG TO GOD’S KINGDOM.
 
 
As a rock musician, and a Christian person, now I know we play our music for God’s Kingdom. We play music to realize His Kingdom on this earth.
 
 
Our country, must be like God’s Kingdom. But how can we do that?
God’s kingdom, it is NOT in politics. It’s NOT in democracy itself. It’s NOT in system or law. God’s Kingdom, is IN PEOPLE.
 
 
LUKE 17:20,21 says;
20: Some of the Pharisees asked Jesus, “When will the kingdom of God come?” Jesus answered, “God’s kingdom is coming, but not in a way that you will be able to see with your eyes.
21: People will not say, ‘Look, here it is!’ or, ‘There it is!’ because God’s kingdom is within you.”
(New Century Version)
 
 
We need a revolution, I believe. But we don’t do it with weapons and guns. When we toured in USA last year, some good person told me that Americans don’t have guns only for self defense. He told me Americans own guns and weapons to fight the government when it becomes “oppressive”. Honestly I was impressed and that’s probably the first time I understood the meaning of freedom American people talk about. (Though still I don’t like guns.) However we, at least in Japan, can’t make God’s Kingdom with guns and weapons. Because it’s not in politics or systems. And most importantly, we have better weapons. That’s WORDS, ART, ACTS, and MUSIC.
 
 
In Japanese history, some great samurais said “the most important thing in politics is EDUCATION”. That’t because education makes people’s heart and mind. And that heart and mind makes God’s Kingdom!
 
 
I want a REVOLUTION. I want to make it happen. And when we say revolution, we mean “God’s Kingdom”. And God’s Kingdom is only WITHIN PEOPLE. AMONG PEOPLE. IN PEOPLE’s HEART. As a rock musician, our mission is to spread God’s Kingdom in people’s heart. Now we know it clearly. When God’s Kingdom comes among us, I believe, those problems, politics, nuclear plants, economies, wars, we can find the right solutions with God’s help. Am I too optimistic?
 
 
I want you to help this battle. Not with guns, but with heart and mind. Using your/his/her talent, job, life, to express God’s Love. That’s the only way to spread God’s Kingdom. God’s Kingdom is not “here” or “there”. It’s not “look like this” or “shape like this”. God’s Kingdom is IN YOU. And if you have God’s Love, I believe God’s Kingdom is in EVERYTHING you do! I really want you to join this battle for God’s Kingdom, wherever you are. Not only for Japan but for all of us.
 
 
Earlier this month (June 2012), our government decided to restart the Ooi nuclear power plant in Fukui prefecture Japan. Some people say we lost the battle. However, that’s not true. From my point of view, our country has certainly changed. Our mind, changed by God. We see something we have never seen before. It’s just a beginning.
 
 
Even if our government will go against our hope and restart all the nuclear plants in Japan, our battle doesn’t end there. Our battle actually, has just begun.
 
 
Can we change the world with MUSIC?
I don’t know.
Can we change the world with LOVE?
I’m not sure.
But my heart says YES. Never changing “YES”.
 
 
Because, even though we are powerless humans being, we know there is nothing impossible for God!!
 
 
….and by the way, our new album “Japan Metal Jesus” is here on iTunes store 😉
 
 
Thanks and God bless you!
Tak “Tone” Nakamine
Imari Tones
29th June 2012
 
 
 
 
日本語直訳
 
 
この文章を書いて掲載しようと思ったのは、
そう、それが格好いいと思ったからで、そうロックバンドとして。
バンドっていうのは、メッセージを投げかけるものでしょ。
メッセージを叫んで伝える立場にあるバンドっていう人たちなら、
こういう機会に、こういうステイトメント、ちゃんと明らかにしておくっていうのは、
やっぱそれが本当なんじゃないかと思って。
小規模ながらも、格好つけてみました。
よろしくジーザス。
 
 
 
ハイ、日本のクリスチャンロックバンド、Imari Tones(伊万里音色)のTakです。
 
この夏、ぼくらはいくつものアナウンス、発表することがあります。
新しいアルバムのこととか(そう、iTunesでチェックしてね)、ツアーのこととか、少しばかりファンの皆さんにお願いしたいこととか。
 
けれども、物事には、正しい順番ってものがある。
だから、それらのアナウンスをする前に、まずこの話をさせてほしい。とても大事な話だから。
 
長い話だけれど、もし君が長い話が好きであれば、読み進めてみてほしい。
 
—————
 
 
昨年の災害以来、日本で何が起こっているのかを説明するのは本当に難しい。本当に説明することができないくらいだ。みんなが日本のために祈ってくれること、本当に感謝しています。事あるごとに言ってきたように、僕らは、これは神様によって計画された、日本の変化だと思っています。そして、良い変化がもたらされるのだと。
僕らがクリスチャンロックを演奏するようになって以来(そして、僕らは真剣だった)、僕らは日本に変化がもたらされるように祈っていた。日本にもっとクリスチャンが増えるように、もっとたくさんの人がジーザスと神様について知るように。そして、僕らの国、日本に、魂の救済がもたらされるように。そして、そう、今、日本は変化している。日本の人々、日本の社会、それは変化してきている。けれども、2011年の3月11日に、多くの人々の命が、聖なる生贄として失われてしまった。
 
 
あの地震と津波が起こってから、1年以上が経つけれど、まだ僕たちは、葛藤を続け、社会は揺らいでいる。それは、原子力発電所の問題だ。日本に住んでいない人は気にかけないかもしれないけれど。でも僕たちにとっては大きな問題だ。僕らは日本人なのだから。
 
 
昨年起こったいちばん最悪のことは、災害によって多くの命が失われたことだ。約2万人もの人々が亡くなった。けれども、その次に悪いことは、皆知っているように、福島の原子力発電所の事故だった。それは人々の故郷の街を永遠に奪い去り、そして、いつまた、全人類に対してより大きな被害をもたらすかもしれない。
 
 
2012年の5月5日、日本にあるすべての原子力発電所が運転を停止した。昨年から、日本のあちこちで、原子力発電所に反対するデモが毎週のように行われている。それは驚くべきことで、なぜならそれまで日本人は、無関心で、普段通りの生活を送ることができる限りは、こうした問題を気にかけなかったから。僕は日本の人々が、社会が変化しているように感じた。そして、1年が経過し、僕は、これはただのエネルギー政策の問題というだけではないことに気がついた。これは、それ以上の何かだ。これは、精神的な選択 (Spiritual decision) の問題なのだ。
 
 
皆さんのうちの誰かは、あるいは家族や友人が、こうした原子力発電所などの施設で働いているかもしれない。僕らはそれについて反対するつもりはない。そして、原子力発電そのものが正しいのか間違っているのかもわからない。結局のところ、僕らはもう何十年も、それらに頼って生活してきたのだから。
 
 
しかし、一人の日本人として、広島、長崎、福島と、3度の原子力の災厄に見舞われた国の市民の一人として、少なくとも僕たちはこう言うことができる。我々は、神ではない。我々は、完璧ではない。そして、時には予想を越える何かが起こるのだと。なぜなら、2011年3月11日に起きた巨大な津波は、私たちの予想を越えるものだったのだから。
 
 
福島の災害から、僕たちはいくつかのことを学んだ。1: 我々は完璧ではない。事故は起こるものだということ。 2: 原子力発電所が一度壊れてしまえば、もうそれを直す手段は無いのだということ。我々は何千年にもわたって、それを管理しなければならない。(もし管理に失敗したら、どうなるのか?) 3: 原子力発電所には、核燃料が必要だけれど、問題は、その核燃料を使った後に、それを廃棄する方法が無いのだということ。我々はそれを長い時間にわたって、管理しなければならない。
 
 
僕が思うには、もし我々が完璧なのであれば、僕らは原子力発電に頼ることができる。もし我々が完璧で、絶対に間違いを起こさないのであれば。しかし、現実には我々は間違いをする。そして、すべての物事を予測することはできない。僕らは完璧ではない。(完璧ではないから、僕らはジーザスを必要とするのだろう?)
 
 
いつ崩壊してさらなる災害をもたらすかもしれない福島の壊れた発電所について、政府や電力会社が、どう対応していくのかはわからない。おそらくは、もう人類全体にとって手遅れなのかもしれない。でも、日本人として、これだけは言える。原子力発電所は、良くないものだ。あるいは少なくとも、我々が使うには早過ぎる。我々は、単純に未成熟で、我々のテクノロジーは、それにきちんと対応できるほど発展していない。
 
 
そして、僕たちは、この災害と、その後の社会の葛藤の中で、もうひとつの重要なことについて学んだ。原子力発電は、エネルギー政策という以上に、お金の問題であったということを。
 
 
ここでそのことを説明したくはないけれど、どうやら人々は、お金のために原子力発電所を作ったみたいだ。そして、お金のために、それを維持したいのだ。そして、私たちの政府は、お金のために、原子力発電所を再稼働させたいと言っているのだ。
 
 
お金が必要ないなんて言わない。でもクリスチャンとしては、聖書の言葉を思い出さずにはいられない。僕らは、神とお金の両方に仕えることはできない (マタイ6章24節) 。そして、僕にはこれは、命とお金との選択であるように思える。これは、政治的な選択である以上に、魂の選択、精神的な選択についてのことだ。そして、今が選択の時であるように思える。僕らの社会の選択、僕らの社会の進む方向を決める選択だ。そのことに、無関心でいられるはずがない。僕らの未来が、全人類の未来が、僕らの子供たちの命がかかっているのだ。
 
 
日本のクリスチャンの歴史における僕のヒーローの一人に、永井隆さんがいる。長崎の原爆の被害者であり、「長崎の鐘」の著者だ。彼は原子力について研究をしていた医学博士でもあった。「長崎の鐘」の中で、彼は原子力の平和利用について書いている。彼は、戦争ではなく、平和の目的のために原子力のテクノロジーを使うことを夢見ていた。もし彼が生きていたら、今の状況について何と言うだろうか。テクノロジーの未熟さに落胆するだろうか。あるいは未成熟な社会に落胆するだろうか。しかし彼の著書は、まだ希望はあると僕らに訴えかける。彼は長崎の原爆の後の最悪の状況の中でも、未来に対する希望を持っていたのだから。
 
 
 
僕の話はまだ終わらない。
もう少しだけ、政治(いや、そうでもない)と、僕らの祖国日本に対する愛について話したい。
 
 
インディペンデントなバンドのロックミュージシャンとして、僕はいつでも社会を変えることを考えてきた。ロックミュージックってそういうものだろう? 歴史の本を見ると、1960年代には、人々は音楽で世界を変えられると信じていた。僕はその本当の意味をずっと考えていた。それは僕がクリスチャンになった理由のひとつでもある。そしてもちろん、僕は政治(いや、違うけど)と、「革命」について考えてきた。
そう、革命だ。それがナンバー1であれ、ナンバー9であれ。(そう、ビートルズだ)
 
 
この一年あまりの間、日本の社会の中の葛藤と動乱を見ていると、僕はそれが単なるエネルギー政策以上の何かだと気がついた。それは、より政治全体のことだ。そして、それは民主主義そのものということだ。僕らの社会のシステムについてのことだ。
 
 
政府が、多くの人々の願いに反して決定をしているのに、いったいどんな民主主義が、この国にあるというのだろう。
 
 
これほど多くのデモが毎週のように行われているのに、それに触れたり、報道しないというのは、いったいどんなジャーナリズムが、この国にあるというのだろう。
 
 
人々の声が無視され、権力を欲しがる者やお金を崇拝するものが高い地位にいるのは、いったいどんな社会を我々は作っているのだろう。
 
 
これらの葛藤と動乱の中で、私たちは気がついた。これが我々の社会なのだと。これが我々の政府なのだと。僕たち日本人は、これらの社会の歪みに向き合わなければいけないところまで来たように思う。
 
 
一人のロックミュージシャン、芸術家として、僕は、「国家」という概念を信じたことはない。文化、人種、民族、それらの間に、壁は無いからだ。それらは、背景、バックグラウンドというに過ぎない。だから、僕は、政府というものを信じたこともない。
けれども、クリスチャンになって、僕はひとつ大事なことを学んだ。僕らには、神の王国があるのだ。そう、僕は日本人だ。だけれども、僕らは本当はこの地上の国家に属しているわけじゃない。僕らは、神の王国に属しているんだ。
 
 
ロックミュージシャンとして、そしてクリスチャンとして、僕は今、自分たちが神の王国のために音楽を演奏しているんだということを知っている。僕らは、神の王国をこの地上に実現するために音楽を演奏しているんだ。
 
 
僕たちの国、日本も、神の王国のようにならないといけない。でも、どうやってそれをやる?
神の王国は、政治の中にあるわけでも、民主主義そのものでもない。システム、制度や、法律の中にあるわけでもない。神の王国は、人々の中にあるものなのだから。
 
 
聖書のルカの福音書、17章20,21節はこう言っている。
 
ファリサイ派の人々が、神の国はいつ来るのかと尋ねたので、イエスは答えて言われた。「神の国は、見える形では来ない。『ここにある』『あそこにある』と言えるものでもない。実に、神の国はあなたがたの間にあるのだ。」(新共同訳)
 
 
 
僕たちには革命が必要だ。僕はそう信じている。けれども、僕らはそれを武器や、銃を使ってするわけではない。僕らが昨年アメリカをツアーしたとき、とある人が、アメリカ人は単純に自衛のために銃を持っているのではない、アメリカ人は政府が圧政を敷いたときに、それを倒すために武器を持っているのだ、と教えてくれた。僕は感銘を受けたし、アメリカ人にとっての自由というものをおそらく初めて理解した。(それでも銃は好きではないけれども)しかし、少なくとも日本において、銃や武器を使って神の王国を作ることはできない。なぜなら神の王国は政治や制度ではないからだ。なによりも、僕らは銃よりも良い武器を持っている。それは、言葉であり、芸術であり、また行いであり、そして音楽だ。
 
 
日本の歴史の中で、とある侍は、政治の中でもっとも優先すべきことは教育である、と言ったそうだ。それは、教育は人々の心と精神を作るからだ。そして、その心と精神こそが、神の王国を作るのだ。
 
 
僕は革命を望んでいる。革命を起こしたい。そして僕らが「革命」と言うとき、それは神の王国のことを意味している。神の王国は、人々の中に、人々の間に、人々の心にこそある。ロックミュージシャンとして、僕らの使命は人々の心に神の王国を広めることだ。はっきりと、今そう思う。神の王国が僕らの間に実現したとき、これらの問題は、政治や、原子力発電や、経済や、戦争は、神の助けによって、自ずと解決に導かれる。そう信じている。僕は楽観的過ぎるだろうか。
 
 
君にもこの戦いを手伝ってほしい。銃ではなく、ハートで、心で。与えられた才能や、仕事や、人生を通じて、神の愛を表現するんだ。神の王国を広める、それが唯一の方法だ。神の王国は、「ここにある」とか「そこにある」というものではない。「こういう見た目をしている」とか「こういう形をしている」というものでもない。神の王国は、あなたの中にあるのだ。そして、あなたが神の愛を持っていれば、神の王国は、あなたのすることすべての中に現れる。この戦いに参加してほしい。どこにいようとも。日本のためだけでなく、僕たち皆のために。
 
 
先だって(2012年6月)、日本の政府は、福井県にある大飯原子力発電所の再稼働を決定した。私たちは敗北したという人もいる。けれども、それは正しくない。僕の視点から見ると、僕らの国は、確かに変わった。僕たちの心は、神様によって変えられた。以前は見えなかったものを、今僕たちは見ている。これは、始まりなのだ。
 
 
たとえ私たちの政府が、私たちの願いに反してすべての原発を再稼働しようとも、僕たちの戦いはそこで終わらない。戦いは、むしろ、今始まったばかりなのだ。
 
 
音楽で世界を変えることができるか。
わからない。
愛で世界を変えることができるか。
さあね。
 
 
でも、僕の心は、確かにイエスと言っている。
決して変わらない、”Yes”がそこにある。
なぜなら、確かに僕らは無力な人間に過ぎないけれど、神様には不可能は何もない、そのことを知っているからだ。
 
 
そして、ところでだけど、僕らの新しいアルバム「Japan Metal Jesus」は、iTunesで発売中です;)
 
 
Thanks and God bless you!
Tak “Tone” Nakamine
Imari Tones (伊万里音色)
2012年6月29日
 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.