USAツアー報告

さて、やっと少し気持ちが落ち着いて書くことができるようになってきました。

もう戻ってきてから一ヶ月がたちましたが、
4月半ばから5月いっぱいにかけて、
Imari Tones(伊万里音色)、
3度目となるアメリカ遠征に行ってきました。

おかげさまで、
ツアーは願ってもないくらいの成功でした。

ナッシュビルでのショウケース、各教会でのライヴ、そして各地のバーやクラブでの演奏、どれもこれ以上ないくらいに成功しました。

ナッシュビルで行われたショウケースでは、いくつものクリスチャンのバンドが集まって演奏する中で、最大の評価と賛辞をいただいて、大いに盛り上がりました。(日本から来たというものめずらしさのアドバンテージもあったと思います)

クラブでの演奏は、どれも小さなバーなどの会場ですが、昨年、または一昨年に見に来てくれたお客さんが、何人もまた来てくれたり、非常に手ごたえのある演奏ができました。各地で支えてくれた人たちに、本当にお礼を言いたいです。

このツアーを計画しているときから、
これが終わったらどうなるだろうと
思っていましたが、

今の気分としては、
「天井がなくなったような気分」
です。

まるで、小さな部屋の中にいたのが、突然その天井がなくなって、広々とした青い空が見えているような、そんな状態。

それまでそこにあった古い限界が突然なくなって、そこからちょこっと顔を出している状態。

ブレイクスルー、壁を破るというのは、こういうことなんだろうと、思い、
これこそが今回のツアーの成功によって、一番大きな成果なのだと、僕は思っています。

逆に言えば、今まであった壁がなくなって、より大きな新しい世界が広がっているぶん、これからは、そのより大きな世界に踏み出して、長い長い道のりを歩いていかなくちゃいけない、そんなことを感じています。
それは、気が遠くなるようですが、同時にうれしいことでもあると思います。

これからやらなければいけないことに話題を変えましょう。

ツアーの最後に、ナッシュビルで行われたクリスチャンミュージックのコンベション、The Objectiveに参加しました。
僕たちにとって、本格的なクリスチャンミュージックのイベントに参加することは初めての経験でしたが、このイベントを主催しているThe Extreme Tourの人々が、本当に素晴らしかった。

彼らは本当にクリスチャンミュージックの業界における良心として、これからのミュージシャンが進むべき道を共に模索し、道を指し示していると思います。

ですから、今回は参加できませんでしたが、彼らが行っているThe Extreme Tourにも、ぜひいつか、参加したいものです。

そして、彼らが行っているアウトリーチにも感銘を受けました。

音楽の力、祈りの力、それらがもたらす癒しの力を、僕は信じています。

ですから、僕はこういったアウトリーチを、日本でもやりたい、と強く思うようになりました。

もちろん、条件や土壌の違う日本では、少し違う形になるかもしれませんが。

昨年2010年のアメリカ東海岸遠征の際、僕は祈りました。日本を変えたい、と。
それは自分にとっても大きな発見でした。

そして2011年になり、今僕たちは、日本が変わっていくことを知っています。しかし、その代償はとても大きかった。

ですから、このツアー中の僕の祈りはこうでした。

日本に奇跡が起こるのを見たい。

僕はまだ奇跡を信じている。

僕は、今、神が僕たちの祈りに応えてくれるということを知っています。

ですから、まずは、僕たち自身が、その奇跡にならなければいけないのです。

ここに、これから僕たちが行うべきことを書いておきたいと思います。

まず最初はビジネス的、事務的なことですが、

ひとつには業界人へのコンタクト
ナッシュビルのコンベンションThe Objectiveにて、
僕たちはたくさんのクリスチャンミュージックの業界人の人たちと知り合いになりました。
そして、ショウケースの演奏を絶賛してもらったことで、僕らは今、クリスチャンミュージックシーンの一部で評判になっていると思います(笑)

そこで、僕たちだけではどうにもならない、次のより大きな展開を狙うため、これらの業界人の方々にコンタクトを取っていかなくてはいけません。

それはひとつには、活動の軸足をアメリカに移すということもあります。
明らかに、このインディーズ時代において、海外市場向けの音楽をやっている僕たちにとっては、活動の拠点をアメリカに置いた方が、将来的な成功のために良いのです。

しかし、アメリカに拠点を移す、というのは、簡単なことではありません。
そして、同時に、僕たちには明らかに、日本でやるべきこともあります。

もうひとつ言うのであれば、バンドが栄光を追うべきか否か、という問いもあります。

世の中の人々は、栄光を追い求めるものですが、
クリスチャンのバンドであれば、むしろ「栄光は要らない」と言うべきではないか、
栄光を求めない活動をするべきではないか、そういう考えもあります。

成功や栄光を求めるのとは別に、ここ日本でできることも、確かにあるからです。

ですので、アメリカへの移住、拠点を移すことについては、急ぐことなく、神様の御心にまかせて、その上で扉をたたいてみたいと思っています。

本来、この知り合った業界人さんたちへのアプローチを考えると、
ツアーが終わってもうすぐ一ヶ月、もう少し早くやっておくべきであったとも思いますが、
以上のような問いが自分の中にあったこと、

そして、正直なところ燃え尽き症候群で、この一ヶ月弱の間、ほとんど何もできなかったこと、そして考えを整理するので精一杯だったことを、正直に告白しておきます。
(実際のところ、ビデオの編集と整理で、かなり手間取っていましたが)

そして、以下が、自分のバンドImari Tonesで、またそれとは別に、僕がこれからやろうと思っていることです。

聖書を投げる。Stryperがやっていた、コンサートにおける聖書を投げるパフォーマンスを、Imari Tonesも行う。物販席マーチャンダイズテーブルには必ず新約聖書を置いておき、人々の目に触れるようにする。そして、Imari Tonesのギグはひとつひとつ、アウトリーチとして行おうと思います。

これは中期プランです。
今回のツアーにおいて、一部の会場で”Living Water EP”と銘打ったCDを販売、配布しましたが、そこに収録されていた4曲、そしてダラスでレコーディングした2曲(+リミックス1曲)があり、合計6曲(+1)ですが、それに加えて、3,4曲ほどのレコーディングを2011年内に行い、フルアルバムの形にして、2012年度に発表しようと思います。

そして、さらに長期のプランにおいて、歴史をテーマとしたコンセプトアルバムのアイディアが私の中にあります。それはたくさんの調査や取材を必要とするもので、音楽的にも、今までで最大のチャレンジになると思いますが、2年かかるか3年かかるか、しかしその作品を完成させるまでは、バンドの状態がどうであれ、成功を収めるにせよ収めないにせよ、そこまでは必ずやり遂げようと思っています。ここまでは、皆さんに、約束します。

ポッドキャストを行う。
以前、うちの嫁さんと一緒に、初心者クリスチャンと銘打ったポッドキャストをやっていましたが、バンドが忙しくなるにつれて、更新できない状態が続いていました。
今、やらなければいけないこととして、また新たに、ポッドキャストを始めたいと思っています。
無名のインディーバンドが行うこととしては、本当にささやかな発信ですが、
今この時に、伝えなければいけないメッセージを、本気で伝えてみようと思っています。
自分ひとりでやるつもりです。その方が、作業が早く、かつパーソナルな内容にできるから。伝えなければいけない言葉を、今こそ伝えます。基本的に、日本語で考えています。英語版をやるかどうかは、わかりません。

アウトリーチ用のサイドプロジェクトを始める
先述したように、僕は今、ナッシュビルで見たようなアウトリーチを、日本でも行いたくてしょうがありません。
音楽の力と祈りの力、そして、神の癒しを一人でも多くの人に体験してもらいたいからです。

大きなアウトリーチイベントを行うとか、東北地方を訪れるとか、そういった大掛かりなことは、教会や組織の支援が必要なため、確実なことを言うことはできませんが、僕はまず足元の小さなことからやっていきたいと思っています。

しかし、Imari Tonesは、こうした小規模なアウトリーチの行動には向きません。日本の土壌に向かないハードロックであること、演奏するにはきちんとした音響設備が必要なこと、バンドのメンバーもフレキシブルな活動があまりできないこと、などの理由があります。

そこで、私は、教会として、教会の仲間と、アウトリーチ用のサイドプロジェクトのバンドを始めることを考えています。
それはイマリトーンズでやっているようなハードロックではなく、ワーシップや、もっとわかりやすい音楽に焦点をあてたものになるはずです。

以上が、今やりたいと思っていることです。

今後のイマリトーンズの海外展開がどうなっていくかはわかりません。

また程なく海外ツアーに出かけるのか、フェスティバルに出演するのか、
あるいは地域を絞って訪問する小さなツアーに出かけるのか。

来年1年はツアーを一切やらない可能性も十分あります。
いろいろな意味で、もう余裕ありませんから(笑)

来年以降に大きなことをやるために、来年は充電するという可能性も、十分にあります。

しかし、そのあたりは、すべての扉をたたいた上で、神様の御心にまかせようと思っています。

最後になりますが、今回のツアーを実現するにあたって、支援していただいた皆さん、応援していただいた皆さん、いろんな方法で、いろんな面で支えていただいた皆さんに、心からのお礼を言いたいと思います。

なかなか、お礼のメッセージをお送りするのが、遅くなってしまっていますが、少しずつ、皆さんに感謝の気持ちをお伝えしていきたいと思っています。

そして何より、今回僕たちに大きな幸運と、最高のツアーを祝福してくれた神様に、感謝してお礼を言いたいと思います。

サンキュージーザス!

Tak “Tone” Nakamine
Imari Tones (伊万里音色)
The first Christian heavy metal from Japan

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.