“Karma Flower” lyrics

“Karma Flower”

 

When I was 13, and she was 14
Back then when we met
War upon us about to break out east of the sun

It didn’t feel like the first time
I can’t recall where we began
Just the sound of wind chimes

Days of love under the cherry tree: I remember
Days of fighting like a samurai: I remember
Days of trial words of Jesus Christ: I remember
And now I realize to what I meant to surrender

It’s all about here and now
It’s all about who we are
It’s all about loving you
‘Cause you’re in everything I do

Then I was 14, and she was 15
That’s the way that we grew up
No excuses and no need to find the reason

We couldn’t see a tomorrow
‘Cause the future was a distant haze
I kissed for the first time

Days of chasing wild tigers down: I remember
Getting dizzy driving spaceships around: I remember
Secret words from the Buddah’s mouth: I remember
And now I realize to what I meant to surrender

It’s all about here and now
It’s all about me and you
You are the one

 

 

 

 

対訳

僕は13、彼女は14
そして出会った
終わりを迎えようとする世界の中、戦争が起ころうとしていた

初めてじゃないみたいな気がした
どうやって始まったのかも覚えていない
覚えているのは風に乗る鈴の音だけ

桜の木の下で過ごした愛の日々を覚えている
侍のように戦った日々を覚えている
キリストと共に過ごした試練の日々を覚えている
そして今僕はそれらの意味をわかりはじめている

それは今ここに生きること
僕らが僕ら自身でいるということ
それは今君を愛すること
僕がするすべての事の中に君がいる

僕は14、彼女は15
そうやって成長した
言い訳の必要も、理由を探すこともなかった

明日などなかった
未来は遠い霧の中だった
はじめてのキスをした

野生のトラを追いかけた日々を覚えている
宇宙船で駆け巡った日々を覚えている
ブッダの秘密の教えを覚えている
そして今僕はそれらの意味をわかりはじめている

それは今ここに生きるということ
それは僕そして君のこと
君こそがすべて

 

 

 

 

作曲: 2000年頃と思われる
作詞: 2006年
日本語バージョンは”初春恋風”というタイトルで”fireworks”に収録されている。
英語バージョンの歌詞作成にはAmanda Somerville氏の助けを借りている。